専門家もびっくり!驚愕のブラックジャック必勝法

角丸

ブラックジャックのファイブカードについての一考察

0

ブラックジャックにおいてファイブカードという規則があるのをご存知でしょうか。ブラックジャックにはシックスアンダー、Ato6、あるいはスリーセブンといった比較的メジャーな役がある中ではありますが、どちらかといえばマイナーな役といえると言えるのではないでしょうか。ブラックジャックにおいて使用するカードは基本的に1〜9+10扱いの4枚となるのです。即ち、ランダムにカードをドローした場合の平均数値はおおよそ6.5、1枚ヒットあるいはダブルダウンすればギリギリの数値ということになって居ります。

さて、此処でファイブカードについての解説を入れてみると、「5枚ドローしてかつバーストしていないという事」になるのです。これはいわばローカルルールの類でして、各国のカジノについては採用していないところもあるのです。その配当も結構バラバラなのですが、ラスベガスを例に挙げると倍返し、すなわち普通に勝った時と同じ(ただし親のブラックジャックには劣る)という扱いをされて居ます。

ファイブカードは先ほど述べた確率論からすればあまり狙うべきではないとも言えますが、ブラックジャックのプレイ中にはロウカードばかりが集中、あるいはAを含むロウカードという場合もあります。ですので、最初の合計値が7以下程度であれば確率論的に考えても21に近い数字、もしくはファイブカードを両方狙うことができるため、1枚ドローしてその結果10が出るようなら素直に親のバーストという結果狙い、ミドルカードが出て20、21を狙えるような状況と判断できればそのまま普通のプレーイングをし、そしてロウカードに集中するようならファイブカード待ちかあるいはAの出現を狙ってあらゆる方法に対処できるように立ち回るとそれなりに面白いプレーイングの立ち回りができるのではないかと言われています。

ディーラーに勝つブラックジャックの必勝法
ブラックジャックのルールについて
無料のブラックジャックアプリについて
ブラックジャックのホントの意味とは
ブラックジャックはディーラーとの駆け引きがポイントです
上級者のブラックジャックのプレイ動画を見るメリット
ブラックジャックはオンラインの方が楽しめる
ブラックジャックのファイブカードについての一考察
ブラックジャックでバーストする確率を知る
ブラックジャックの知っておくと便利な賭け方
ブラックジャックの勝ち方とはどうすれば良いのか?
角丸